自動給水システムによる
Bi-Jia水の空間噴霧

生成装置BJS-720から上部タンク(20㍑)に自動補給します。個別に取水したい場合、バルブ操作の上シンクでの取水が可能です。

上部タンクから天井裏に基幹経路が回り、館内の全噴霧器に対して接続されています。

生成装置の濃度・pH調整や拭き掃除等に使用する別濃度のBi-Jia水を取水する際の取水口を設置します。自動給水されるBi-Jia水は50ppmを標準としています。吸水は専用に開発したチューブポンプにより、寝室レベルの低騒音を実現しました。

噴霧器は噴霧器として単独で動作し、給水ユニットは噴霧器タンクの内部に設置され、噴霧器内の水位により作動します。加圧送水ではなく、個別の吸水とすることにより、漏水の危険性を排除しました。

トイレや玄関に設置することによるガード効果は極めて高くなります。設置位置が高いため、専用ノズルを製作して装着しています。

車いす等の通行に支障がないように、壁面上部凹みを作って噴霧器を設置しました。従来のタンク式は水の補給が大変なことから、作業者が水補給することを避け、霧を絞って給水間隔を広げようとする傾向にありました。自動給水システムの導入で水補給の問題が解消され、充分なレベルの噴霧を行なうことにより、感染症の内部クラスターを防止する効果が高くなります。

噴霧器の機能

各噴霧器に給水経路が接続、噴霧器ごとに水位検知による吸水、必要量のみ補給されます。

ビージア水 200ppm は
下記のサイトでご購入いただけます

開店準備中です

次亜塩素酸水生成粉末 B-ijia p は
下記のサイトでご購入いただけます

開店準備中です

ビージア水専用噴霧器BJM-350は
下記のサイトでご購入いただけます

開店準備中です

下記のサイトでご購入いただけます

開店準備中です